スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代的なリズムのダンス2

広島駅徒歩5分のタップダンス教室。入会金なし。休んでもお金がムダにならないスタンプカード制。男女更衣室有。付近コインパーキング100台有。お問い合わせ090-2293-1874 
タップダンススタジオ タップ&ストンプ(荒神町5-8 キャッスル林2F)
ホームページ → http://ww5.enjoy.ne.jp/~tap/


前回の投稿には、ダンス・武道関係者から、

いろいろ貴重なご意見をいただきました。

で、また、中学校保健体育のダンス必修化についてです。

まず、ダンスが必修科目になるのは、喜ばしいことです。

国や国民が、ダンスというジャンルを身近なものだと認知する、

ダンスのすそ野が広がる、という意味での功績は大きいです。

もっとも、認知していないのは古い体質の人たちで、

子どもや若者、子どもを持つ親は、とっくに認知しています。

次に、学校の先生よりダンスが上手な子がたくさんいる、というこ​と。

これは、文部科学省(以下、文科省)は知っていますが、

問題ないと思ってます。たぶん。

ダンスに限らず、サッカーや野球でも、そういう子はいるので。

ただね、

もし、これがバレエだったら、と思うんですよ。

文科省は、保健体育の先生にバレエ教えろと言ったでしょうか。

どこの学校でも運動会のソーラン節は先生が指導しているから、

現代的なリズムのダンスもできるだろう的な考えで、

文科省は、勝手にダンスのジャンルに難易度を付けてる、

と私は感じました。

現代的なリズムのダンスを教えるのは、やさしいと判断したのなら​、

いささか腹立たしいです。

それから、今や、ほとんどの高校にダンス部がありますが、

おそらく、中学校にもダンスクラブがあるのが当たり前になります​。

文科省は、小学校のダンス教育も視野に入れており、

そうなれば、近い将来、どこの小学校にもダンスクラブができます​。

ダンススタジオは、もともと広域から生徒が集まるので

小・中学校でダンスクラブができても大して影響はないでしょう。

むしろ、ダンスのすそ野が広がれば、生徒は増えるかもしれない。

しかし、公民館や集会所の子ども対象のダンス教室は違うと思います​。

そこの生徒たちは、小学校区、中学校区の狭い範囲から来ています​。

指導者のスキルに差はあっても、学校のダンスクラブは無料です。

景気がよくない中、学校のダンスクラブでいいと考える親は、

けっこういるような気がします。

教育の施策にも、共存というコンセプトは、あった方がいいんです​。

そういう意味でも、ダンスを教えている人たちを講師にするべきです。
ほかにも、

踊るのが苦手でやりたくない人まで必修でやらせること、

評価基準があり、先生がダンスの優劣や点数をつけること、

いろいろ不満な点がありますが、

最後に、これだけは、言っておきたい。

「現代的なリズムのダンス」のネーミングがダサイ。

「ヒップホップ」や「ストリートダンス」が無理なら、

シンプルに「ダンス」で良かった。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タップ&ストンプ

Author:タップ&ストンプ
広島駅南口徒歩5分。教室開設される方専用のレンタルダンススタジオ。短期使用不可。付近コインP多数。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。