スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ

                              セクシーDのスタジオ
                              http://ww5.enjoy.ne.jp/~tap/



40年前、瀬戸内海の周囲20kmの島の小学校に
プロの交響楽団のメンバーが来た。
メンバーの1人は、その島の出身者だった。
彼らは、講堂にいる村の全校生徒の前で
クラッシック音楽を正装で演奏した。

その小学校には、
ピアノを持っている子や、
ピアノを習っている子は1人もいない。
生徒たちは、知らない曲をじっと聴いていた。
その中に小学生のセクシーDがいた。
感動はなかった。

20年、30年・・・と年月がたち、
昔の思い出がどんどん薄れていく中で
「小学校に音楽家が来た・・・」
という記憶だけが残った。
その理由は、
「なぜ、来たのか?」という疑問に
回答が見つからなかったからだ。

学校や島の人間が彼らを呼んだ感じではなかった。
気まぐれな音楽家達の単なるマスターベーションか・・・
そんな風にずっと思っていた。

あれから時がたち、
自分に残された時間、
その中でできること、
いろいろなことが
引き算で計算できるようになった。

あと、10か20年働いていくら稼げる?
3,000万?5000万?
もし、株で100億儲けても、
金では満たされないタイプだな。オレは。
じゃあ、これから何をする?
と、そんなことを考えていると、
いつの間にか、
自分が納得できる回答が見つかった。

40年前、島に来た音楽家達は、
小学生のセクシーDにではなく、
大人になり、立ち止まったセクシーDに
時を超え、メッセージを送るために来た。

***
金や権力や名声より、
もっと大事なものがある。
人を憎まないこと。
人を悲しませないこと。
世界中が平和であること。
みんなが幸せで健康であること。
思いや夢を語り合える仲間がいること。
自分が夢中になるものがあること。
そして、昔から大人たちは、
そういった大切なことを
詩や音楽や踊りというタイムカプセルを使って
子どもたちに伝えようとしてきたということ。
いつかこのカプセルが開いたら、
君も子ども達にタイムカプセルを届けてほしい。
私達が君に届けたように。
***
音楽家達が来た島の小学校は、やがて廃校になり、
小学校も講堂も全部取り壊された。
セクシーDの父親や兄、姉もここの卒業生だ。
運動会で走るのが速くてカッコよかった○○くん、
フォークダンスで手をつなぐときドキドキした○○さん、
セクシーDがいっしょに遊んだガキ共、
みんなが卒業した小学校は、もうない。
school.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タップ&ストンプ

Author:タップ&ストンプ
広島駅南口徒歩5分。教室開設される方専用のレンタルダンススタジオ。短期使用不可。付近コインP多数。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。